いつもあめいろ工務店のブログをご覧いただきありがとうございます。

明けましておめでとうございます。あめいろ工務店の丸山です。

最近ブログ書くのをサボってました。すみません。

これからは毎週執筆してアップしていきたいと思います。

ここに宣言することでサボれないようにします!よろしくお願いします。

さて、今年2020年はねずみ年ということで、新年最初はねずみネタでいきたいと思います。

え~、家とねずみといえばあまりいいイメージはないですよね。

電線導入部と壁の隙間、配管と壁貫通部の隙間、戸袋の隙間、屋根のひさしの下の隙間、建物と基礎の隙間。。。隙間という隙間からねずみは侵入してきます。

(隙間を書きすぎて、アフロとアフロじゃない方の2人で構成された音楽ユニット、スキマスイッチをGoogle日本語入力が予測変換で提案してきました。高校生の頃、学年主任の先生がこのユニットの「全力少年」という曲が好きで、センター試験前の決起集会的なもので聴かされたことを思い出しました。好きな人すみません。あと早速脱線すみません)

ねずみの話にもどります。

ねずみはほんとにどこからでも侵入してくるらしく、子供のねずみだと2~3センチの隙間があればぐいぐい入ってきちゃうみたいです。だいたい500円玉くらいの大きさくらいとのこと。そんな小さな穴から侵入してくるなんてびっくりですね。

そんなねずみさん、侵入されてしまうと衛生的・経済的にいろんな害を及ぼします。これは絶対侵入を許してはならない!

ベルリンの壁、バカの壁、世の中にはいろんな壁があります。人生にも壁があります。だから私たちもねずみを絶対侵入させない強固な壁を築かなければなりません。

では、あめいろ工務店ではどんな壁を築いているのか?

はい、お答えします。

それは、城東テクノ社製の「防鼠付水切り」です!

急に実在する企業の一建材が出てきて困惑している方もいらっしゃるかもしれませんが、僕は構わずこの建材の説明を始めます。ちゃんとついてきてください!

現場写真です。現在八代で建築中のS様邸のLOAFERです。写真を斜めに走る青いテープ、これが貼ってある白いパーツが「水切」です。弊社では、この水切りに防鼠機能をプラスしたこの製品を使用することで、ねずみの侵入を一切許さない「壁」を築いています!

では、その防鼠機能とはどういうものなのか?どのような壁なのか?

この水切りは、床下や壁への通気を目的とした小さい穴がたくさん空いているのですが、その穴がねずみが通れないくらい小さな穴なんです。超単純です。やっぱり物理的に防ぐのが一番!シンプルイズベストです。

ただ、、逆にいうとねずみより小さいものの侵入は防げません。虫とか。そのへんは他の方法で防ぎましょう。

こういう地味だけど、なくてはならない建材とよばれるお家を構成するパーツひとつひとつが重要な意味を持ち、皆さんのお家を作っています。水切りは、まさに縁の下の力持ち。。。日々、雨ニモマケズ風ニモマケズ、雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモツ水切りに感謝しましょう。僕は明日から水切りに足を向けて寝れなくなりました。

時間がきました。ということで、また来週。

今日の一曲。キュウソネコカミ「家」

資料請求

取扱商品

FOLLOW US

  • Instagram
  • facebook
  • LINE