建て方とウレタン

投稿日:2019/10/07

いつもあめいろ工務店のブログをご覧いただきありがとうございます。

まずは、自己紹介から。

10月入社の丸山です。はじめまして。今回が初投稿です。

前は広告の世界で働いていました。広告の企画~提案~制作まで一通りやってましたが

「あめいろ工務店」の家づくりとそこで働く人がつくる雰囲気に惹かれて入社しました。

音楽とサッカーが趣味の30歳です。みなさんよろしくお願いいたします!

 

さて、先日は宇土市のI様邸の建て方でした。人気のLOAFERです!

建て方とは、土台から柱、梁、棟上げまでの作業をさし、お家を組み立てることをいいます。

朝7時過ぎには、職人さんたちが現地に集合して作業開始。柱や梁などパーツごとにカットされた木材を、丁寧に、しっかりと組み立てていきます。午前中には1階が仕上がり2階に突入。

どんどん家の骨格ができていって、昼食をとるころには屋根まで到達し、午後3時頃には、すべての工程が完了しました。

はじめて建て方を見学しましたが、家のパーツがバチっと組み合わさっていく感じに面白さを感じましたね。。。

途中、見学にいらっしゃったI様ご夫妻から差し入れも。ありがとうございました!

お引渡しできるまで、しっかりと家づくりさせていただきます。

 

 

ウレタン。

途中、現場の片づけをしているときに、緑色のガムのようなものがいっぱい落ちてたので、気になって拾ってみました。が、これはガムではないみたい。ベタつかないし、硬いし。弊社専務の室井に尋ねると「発泡ウレタンだよ」と教えてもらいました。聞くと、家の断熱材に使われるものみたいですね!もとの質量の100倍に膨らむ性質をもった素材だそうで、専門の吹き付け業者さんじゃなきゃできない仕事なんだとか。吹き付け用の柱にシューッとやるとモコモコモコ×100と広がって、あっという間にウレタン祭りになるんですね!僕が拾ったのはその時の残りかす。。。すごく楽しかった夏祭りが終わって、みんなと別れたあとに急に感じる孤独。さっきまで楽しかったのにもう、昔のことみたい。そんな感じの、なんだか切ないきもちが、僕が拾ったあのウレタンだったのかもしれない。

すみません、何言ってるかわかんないですね。もうブログ書くのやめます。