石が集まって固まれば、『柱』になるッ!この概念!!

投稿日:2019/10/19

いつもあめいろ工務店のブログをご覧いただきありがとうございます。

新人の丸山です。

先日、T様邸建設予定地の地盤改良工事の見学に工務の和田と行ってきました。

地盤改良工事とは、「ここちょっと地盤弱いな~~」てとこを強くする工事のことですが、今回のT様邸の場合は、砕石(砂利)を使用する「ハイスピード工法」を採用しました。

どんな工法かというと、ドリルで掘った穴に砕石を詰めることで地盤の強度を確保する工法です。

真ん中の青い機械がドリルです。ポケモンならじめん・はがねタイプかな?

よーく見ると、黒いねじねじが中央に見えると思いますが、これがドリルが掘った土になります。なにかに似てる気がしますが思い出せません!次行きます!

穴にはこのように、漏斗のようなものを使って砕石を注ぎ、ドリルは砂利をカンカンと叩いて地盤を強くしていきます!この作業を柱を立てる箇所それぞれに施して完了です。

ハイスピード工法は、①地震に強い ②液状化対策になる ③環境にやさしい ④土地の価値を下げない…など、ほかにも多くのメリットがあるすごい工法です!すごすぎてAskDoctorsというサイトで、医師も認める技術!という高い評価を受けています。https://www.askdoctors.jp/labs/product/hyas-hyspeed

ん?医師?石?と一瞬思いましたが、異業種の偉い人でも認めちゃうすごい技術なんだ!と無理やり納得しました。

たくさんヨイショしましたが、別に業者さんから山吹色のお菓子を受け取ったりはしていませんのでご安心を!ff(フォルティシモ)

 

こうやって石のことを書いてたら、石に漫画を描く石漫画家とかいう変態の恋を描いた映画「恋の門」を思い出しました。主演に松田龍平さん、脚本が大人計画の松尾スズキさんで、ちょっと笑える作品になっていますので気になる方は見てみてください。ちなみにこの作品、ハイスピード工法との間には「石」というキーワード以外、関連性は一切ございません。

今日の一曲:Jimi Hendrix Experience「Stone Free」